猫と家族の毎日を思いつくまま気ままに書いてます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
さて、吹奏楽レッスン二日目。

この日は朝から先生の機嫌が悪い。

練習に参加したばかりの娘はまわりと合わず吹きにくい様子。



... 続きを読む
スポンサーサイト
2012.06.28 / Top↑
昨日は吹奏楽団の練習でした。

来週はコンクールの地区大会なので今週末は(今日も一日)レッスンです。

いつもはちょっとだけブルーな気持ちで練習に行っちゃうのですが(笑)

昨日はちょっと、ワクワク。



急遽、娘がアルトでコンクールに出ることになりました。



アルト担当がこのタイミングで急にコンクールに出られないと言って来た為、

そして、だからといって自分で代役を用意するわけでもなく、ただ「出られない」との事。




(そもそも、格好だけのお兄ちゃん。

基礎出来て無いし

音汚いし・・

でも音でかい・・

でも困ったことにやりたがり。)



うちの娘は過去に何度か隣で吹きましたが、

あまりの演奏者としての酷さに「もう絶対一緒に吹くことは無い!」と言っていました。



そもそも社会人のバンドですからいろんな人がいます。

学生時代にどういう環境で演って来たかも大きく影響すると思います。

そうでなくても本人の志次第で何とでも変わっていける。

そういう色んな人の中で自分はどう演奏していくかを考えて欲しかったのですが、

勝手な演奏者を許せるほど娘は大人ではなく、っていうか子供でした。



というわけで吹奏楽での親子競演は二度と無い物とあきらめていました。



そしてそんな事情を全部把握しているうちの団の幹部達(笑)

なんですが、大学生の音楽委員が娘に連絡したそうなのです。

そのままストレートに話したそうで、「急に出ないって言われて、アルトいないし困ってる」って。


結果、出るって返事だったらしい。


裏の動きを薄々感づいていた私達ですが、断るだろうなって思っていたので

「そういえばコンクール出ることにしたから」

って夕食の時に言われてびっくり!

内心主人と二人で(バンザーイ♪)



就職して三ヶ月あまりですが、大人の事情を汲み取れるようになったのでしょうか。

それともそろそろ吹きたいなってタイミングだったのでしょうか。

やはり母校のOBバンドで上司命令でバリ吹いた事がきっかけなのでしょうか。


娘の心境の変化はわかりませんが、一緒に演奏できることが本当に嬉しい。



昨日のレッスン、(やっぱ吹いてないから下手になったなぁ~(笑))でした。

そして、指揮者に超いじられ、つかまり、

今までサックスにほとんど何も言わなかった指揮者の先生が、アルトに注文出しまくり。

本番まであと一週間、どこまでやれるか!?



団のみんなが「娘が来てくれて嬉しい」って言ってくれたのが私は何より嬉しいです。

コンクールだけになっちゃうかも知れないけど、

あと一週間の貴重な親子競演を真剣に楽しみたいと思います♪






2012.06.24 / Top↑
先週の土曜日はSL銀河ドリーム号に乗ってきました。

終点は私の第2の故郷、釜石。

残念ながらチケット遠野までしか取れなくて、終点の釜石には行けず。





前日の金曜日、急遽釜石に出張を命じられました。

被災して閉鎖されたままのビルの重要書類の整理。

7月に釜石センターは正式に廃止され、沿岸の支店は無くなります。

ここで仕事をしたことは無いけれど、

最後の整理を私が任されたのは偶然?




震災後初めて釜石市内に入りました。

想像はしていたんですけどね、やはり動揺しました。

窓から見える景色を見ないように、

書類のチェックを無心になってしました。






その翌日、私達が乗る釜石行きのSL。

笑顔で手を振る人、人、人。

私達も車窓から一杯手を振りました。





そして今日、今度は力いっぱい走るSLに精一杯の笑顔で手を振りました。

車窓からはたくさんの笑顔で手を振りかえしてくれる人。





「D51(デゴイチ)が走ると街が元気になる」




そんな伝説があるんだって。



三週連続でSLが岩手を走った「いわてディスティネーションキャンペーン」


SLがたくさんの笑顔を乗せて走った街が元気になりますように。





心から祈ります。




画像 071







2012.06.17 / Top↑
5/27は娘の母校の吹奏楽部の定期演奏会でした。

今年は第50回の記念演奏会という事で、例年は無いOBだけの演奏がありました。



娘がOBバンドにお誘いを受けたのは一ヶ月前。

実は娘、アンサンブルの東北大会が終わってから一度も楽器を吹いていません。

っていうか、楽器ケースすら開けてない・・。



いつしかサックスの話は禁句になってました。

OBバンドのお誘いも断り続けていたようです。



仕事も覚えることが多くて毎日必死な様子でしたし、

私達が所属する吹奏楽団でも色々あって、

もう吹奏楽が嫌いになってしまったようでした。


なので、同じく参加する同級生のサックスの子達を観に行くつもりでいた演奏会2日前。


「そういえばOBバンド出ることにしたから。しかもバリで」


やった~!!!



どうやら同じサックスの友達のお父さんが、娘の職場の上司(OB)に情報を入れてくださったらしく

なんと上司命令という形で参加することになったそう(笑)


バリのケースが開くのは1年ぶり。

マウスピースなんてカビが生えてたらしいです。



当日、同級生3人で一緒に吹いてる姿を見て、嬉しくて嬉しくて。

あんなに断り続けていたのに、やっぱりいつものように真っ赤な顔して楽しそうに吹いている娘を見て、

やっぱりうるうるしてしまいました。



やっぱり私、ステージにいる娘のファンです。

そう思った日曜日でした。


あせらずに、これからも自分の好きな音楽を続けていってくれると嬉しいな。

これからは、少し離れて見守りたいと思います。




娘の友達のお父さんが管理者のブログです。
http://kurokita024woob.blog76.fc2.com/blog-entry-35.html



2012.05.29 / Top↑
昨日は所属する団の演奏会でした。


曲目
・行進曲「希望の空」・・(今年度課題曲)
・「ひまわり、15本」
・さくらのうた・・(今年度課題曲)
・セルゲイ・モンタージュ

合同
・委嘱作品・初演(検索でひっかかると困るので曲名は伏せます 笑)
・交響詩「ローマの松」

アンコール
・吹奏楽のための綺想曲「じゅげむ」・・(今年度課題曲)
・上をむいて歩こうSWING





結果、いい演奏会だったな と思います。

アッピア演奏しながらちょっとうるっとしてしまいました。



取り組み。演奏。

全部ひっくるめて、自分はどういう演奏者になりたいのか。

そういうことを深く考えさせてくれた演奏会でした。



アンサンブル以来気持ちの切り替えがなかなか出来ずにいました。

吹奏楽の練習に戻ってからも、

どうしてもアンサンブルで集中したあの2ヶ月間と比べてしまう。


吹奏楽の練習では目の前の音符をただ追っているだけの演奏をしていたのか

も知れません。

演奏をつまらなくしていたのは自分でした。



あるきっかけでその事に気づかされました。

既に演奏会二週間前。


アンサンブルで一つ一つの音符にあれだけ集中したあの時間を、

吹奏楽でも同じように演りたいと初めて思いました。


ちょっと気付くのが遅かったけどね。

でも気付かずにステージのらなくてよかった。


そう思えた演奏会でした。




自分にとって耳の痛い事を言ってくれる人は大切ですね。

そういう言葉を素直に聞ける心を持っていたいと思います。



2012.05.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。