猫と家族の毎日を思いつくまま気ままに書いてます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、


偶然に寄った遠野のカッパ淵近くの公衆トイレ。


ベンチの下から声がしました。




みぃー

みぃーみぃぃー



-え??-


ベンチの下を覗くとそこに




子猫がいました。



昼間なのにカタカタ震えて、人が来るたび奥へ奥へと逃げます。


よく見ると二匹。

ぴったり身を寄せ合っていました。



あぁ、遇ってしまった・・・・・・。



猫の多頭飼いの難しさ。

というか、先住猫が新人猫を受け入れるまでの大変さは一般的な知識として頭にありました。


-うちはプリンちゃんがいるから無理だよなぁ-


とりあえずトイレ前で猫の赤ちゃんを引っ張り出して、

興味を持ってくれた人に「飼えませんか?」って聞いて行きましたが皆さんNo!


そりゃそうだ。

だってこんな赤ちゃん猫、しかも二匹。


今の季節の岩手は夜にはヒトケタの気温になります。

きっと今晩越せても明日には・・・・・



色々考えたけど、家族の中で子猫たちを置いてくるという選択肢はありませんでした。


画像 020

近くの商店でダンボールを頂き、

連れて帰ってきてしまいました。



プリンは獣のにおいがするからか落ち着きません。

子猫たちを隔離している部屋の前でじっとドアを見つめています。


さっき、かご越しに対面させたのですが、

プリンがびっくりして逃げてしまいました。


その後プリンを抱っこしようとしたら、

プリンに初めて威嚇されてしまいました。


時間がかかるのかも知れませんし、

もしかしたら子猫達を受け入れられないかも知れません・・・。




画像 021

この子達も幸せにしてあげたい。


でも、プリンも今までどおり幸せに暮らして欲しいんです。


ちょっとずつ、距離が縮まることを願います。


画像 024

私の苦悩をよそに、

ただただ、かわいい子猫たち。




久々に猫ネタでした。












スポンサーサイト
2011.10.11 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。