猫と家族の毎日を思いつくまま気ままに書いてます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
IMG_4189-thumbnail2.jpg

今日から三月ですね。

ようやく先月を振り返っての日記が書けます(笑)



2月12日、行ってまいりました。天童市。

写真は主人が撮った天童名物のお蕎麦。

アンサンブルコンテストの本番前に食べたので味なんてわからず。




本番の演奏、本当にいい演奏が出来たと思っています。

気持ちも充実していましたし、演奏も悔いの無い演奏をしてきました。

演奏が終わった後のメンバーの表情も充実感でいっぱいで。



結果、9団体中同率9位。

最下位でした。




二年前は演奏する前から他の団体の演奏に圧倒されて何も出来ず、

結果は予想通りでした。

情けない思いで会場を後にしたことを昨日のことのように覚えています。



今回は自分達の演奏、よかったと思っています。

悔いのない演奏をして、

でもそれが評価されなかったということは、もう何をやってもだめなんじゃないか?


つまり私達は下手クソであると。

そう思いました。

もう、前に進めない気がしました。



先生は客席で演奏を聴いてらっしゃいました。

先生の大切な曲を汚してしまった気がして、会場で目をあわせられませんでした。



そんな時、作曲した先生からメッセージが届きました。



そもそも、審査員受けを考えてかいた曲じゃないから審査結果が分かれるのは当然なんだ。

(確かに、9位を付けた審査員が1人、あと7位、5位、そして私達に2位を付けた審査員もいます)

審査結果も見たけど、ナンセンスな講評を絶対鵜呑みにしないでね。

そんなことより、東北大会でよくあれだけの演奏をしてくれた。

よくやったね。




そんな感じの言葉でした。

それ見たら涙が止まらなくて。

救われた気がしました。


いつも私達の演奏を聴いて結果がふるわなくても

「ざまーみろ!」

って言うような先生です。

褒められたの、初めてでした。


まだ、やってていいんだなって思いました。

なので、前に進む決心が付いて、やっと言葉に出来ました。


気づいたらもう三月。

娘の寮を引き払って来ました。

来週は長男の高校受験です。

それが終わったら娘と長男の卒業式~。




歩みを止めてる暇なんてありませんね(笑)











スポンサーサイト
2012.03.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。